給与計算事務が必要なとき

給与は、毎月支給しなければなりません。

したがって、毎月給与計算事務が発生することになります。毎月の給与計算は、基本給など固定給以外にプラスされるものとマイナスされるものをきちんと把握することから始まります。

給与計算ソフトの問い合わせの最新情報が揃っています。

プラスされるものの中には、残業代などがあります。また、マイナスされるものには、税金や社会保険料、欠勤した場合の欠勤控除などがあります。



こういった変動項目を一定期間で区切るために、給与計算には締切日(締日)が設けられているのです。

昔は、20日締め切りで25日に給与の支給という会社が多かったのですが、最近は、金融機関(銀行)からの振込みによって支払う会社が多くなってきたため(金融機関を通じての振込みは通常3営業日前までにデータを渡す必要があります)締切日から支給日まで余裕を持たせる会社が多くなってきています。
ボーナス(賞与)も、最近では、業績に連動して支払う会社が増えてきています。

ボーナスは必ず支払わなければならないというものではありません。

しかし、ボーナスを支払う場合には、ボーナスからも税金と社会保険料などの控除が必要になりますので、一定の事務が発生することになります。

退職金制度を廃止するという会社も最近は出てきましたが、現在も多くの会社で退職金制度を利用しています。

年間の定期的な事務ではありませんが、退職金にも税金がかかりますので、ここでも一定の事務手続きが発生することになります。

Zdnet Japanについて解説いたします。